地デジのアンテナ工事

地デジ放送が始まり久しいわけですが、意外と知られていないのがアンテナについてでしょう。地デジ対応テレビに詳しい人はいても、アンテナについて詳しく知っているという人は少ないのではないでしょうか。テレビが映らなくなったり、映りが悪くなってしまった時などは、アンテナについて理解できているほうが、より適正な対応ができるはずです。このサイトでは、そのアンテナ工事の仕組みについて説明します。

アンテナを設置する前に、まずはアンテナを選ばなくてはいけません。実はアンテナと言うものは、そのエリアごとで違ってくるのです。地デジ放送は、送信所が電波を飛ばしそれを受信することでテレビに映し出されるわけです。この送信所からの距離や地形によって、その受信レベルは当然変わってくるはずなのです。送信所から近いエリアと、遠いエリア、また遮るものがない場所と、ビルに囲まれている場所では、当然電波の強さが変わってきます。それぞれに合ったアンテナを選ぶ必要があるのです。

こうしてアンテナを選んだら次は、設置にかかります。アンテナはそれ自体では設置できません。アンテナマストという支柱に取りつけなければいけません。そしてそれを屋根馬という台座に乗せ、屋根に安定させます。ただこれだけではもちろん不安定ですので、ワイヤーなどで屋根にしっかりと固定させるわけです。こうして無事設置できたアンテナから、ケーブルを使って室内に電波を取り込むと、テレビが映ると仕組みなのです。今度テレビを観るときは、こういったことを少し思い出しながら見てくれると嬉しいです。



〔管理人推奨リンク〕
地デジアンテナの設置工事を専門にしているサイトです ・・・> 地デジアンテナ 専門